陰茎湾曲・屈曲

陰茎湾曲

 陰茎は大きさも形も女性の乳房同様、個人差があるものです。ほとんどの男性はどこかの方向に曲がっているものなのですが、それでも大半の方は「真っすぐ」と呼べる範囲に収まっています。ところが、中には極端に曲がった陰茎の方もいます。あまりに曲がり具合が酷いと性交にも支障をきたしますし、コンプレックスによって女性との性交渉に問題が生じることも珍しくありません。
 陰茎は真っすぐなものが一番平均的でオーソドックスに見えるものです。これは昔からある男性器像などにも見られます。男性器像が妙に曲がっている陰茎だったら変ですよね? また世界には陰茎の形や大きさを気にして幼少のころから陰茎を鍛える部族もいます。

痛みがほとんどない! 吸引×牽引の増大グッズ フォローサン(送料込み $369)
フォローサン フォローサン

陰茎湾曲・屈曲の原因

 陰茎が曲がるのは、陰茎を構成する「白膜」の形状が原因となっています。陰茎には下部の尿道を取り巻く「尿道海綿体」と上部の左右に2本ある「陰茎海綿体」があり、これらの海綿体を包んでいるのが白膜なのです。細長いナイロン製の袋(細長いパンの袋のようなもの)を思い浮かべて下さい。袋は柔らかいので空気を入れなければふにゃふにゃとした状態になっています。しかし、空気を入れてパンパンにすると硬くなりますよね? これが陰茎が勃起した時の白膜なのです。つまり、袋の形状が空気を入れた時に曲がっているような形状なら、陰茎に例えると湾曲した陰茎ということになるのです。

陰茎湾曲・屈曲の矯正法

白膜の形状を変えることで治します

 陰茎の湾曲は、白膜が原因であり、湾曲を治すには白膜の形状を変えるしかありません。ではどうすれば白膜の形状が変えられるのでしょうか? 単純に考え付くのは陰茎を湾曲している方と反対側にひたすら曲げてみることではないでしょうか? もちろん、それも効果はないことはないでしょうが、通常の勃起していない陰茎を曲げてもほとんど関係ありません。何故なら、上の「陰茎湾曲・屈曲の原因」の例えでも書いたように、勃起していない時の白膜は空気を入れていないナイロンの袋のようなものだからです。ふにゃふにゃした状態のものを曲げても何もなりません。では勃起した時に曲げればどうでしょうか? これなら効果を得ることも可能です。しかし、効果を得るには勃起した陰茎を反対側に曲げた状態に長時間保っていなければなりませんし、それは非常に難しいことです。また、やり過ぎると陰茎が折れてしまう(白膜が破裂してしまう)といったことになりかねず、そうなると病院に行かなくてはなりません。そこで最も有効であるのが「引っ張る」ことなのです。
 陰茎増大の原理と全く同じように「白膜を引っ張る」ことで真っすぐな状態にしていくのです。これなら勃起していない状態でも効果を得ることができます。つまり、陰茎湾曲・屈曲に悩み、それを矯正したい方は陰茎増大グッズで増大する場合と同じことをすれば、それが湾曲矯正に繋がる、ということなのです。


手術でリスクを背負うより自然に治すことをオススメします

 陰茎湾曲・屈曲は外科手術を行っているところもいくつかあります。
 何を隠そう、当ショップの担当者も陰茎湾曲に強いコンプレックスを持ち、外科手術を受けようか迷っていた時期があったのですが、様々なことを調べて、背負うリスクと得られる結果を検討した結果、手術を受けることはやめました。
 陰茎湾曲の手術は、湾曲した形状の原因となっている白膜を切除する手術が行われます。例えば、下に曲がった陰茎の場合、白膜の上部分を一部切除して短くするのです。そうすることで上下のバランスがとれて陰茎が真っすぐになります。
 手術では、確実に湾曲を治すことが出来ます。しかし、長い方の白膜を切除することにより治すので、結果的に陰茎は確実に数センチ短くなってしまいます。また、陰茎湾曲の手術は技術的にも難しいとされており、術後の痛みなどに悩んでいる方が多いのも実情です。
 そういったこともあり、当ショップではフォローサンを使用した湾曲矯正を強くお勧めすると同時に、湾曲矯正に挑む方々を積極的に応援したいと考えています。当ショップ担当もフォローサンの使用で湾曲は確実に軽減されつつあります。

 湾曲矯正にかかる期間や、効果についてはもともとの陰茎の形状や、器具の使用頻度により個人差が大きいので一概にどれくらいかは言えませんが、当ショップの担当者は最初はアンドロペニスを使用しておりましたが、フォローサンと出会ってからはフォローサンを使用しています。どちらも長期間の使用で同様に効果が得られることを実感しておりますが、装着時間について言えば、理想が8時間以上のところ、アンドロペニスではその半分にも達しないのに対し(痛みのため)、フォローサンではその程度の時間も難なく装着できる点が勝っています。この手の矯正は、一朝一夕で効果が得られるものではありません。最初から、数か月か年単位で計画して根気良く実行すれば誰でも必ず結果は付いてくるはずです。


器具装着時以外も努力を惜しまない

 陰茎湾曲矯正は簡単なことではありません。恐らくほとんどの陰茎湾曲症の方がそうかと思いますが、気付いた頃には陰茎は既に湾曲していたのではないでしょうか? それまでずっと湾曲した形状で過ごしてきた陰茎の形を変えていくわけですから、簡単なはずがないのです。陰茎増大グッズの装着時以外でも、特に勃起する時は曲がらないように(あるいは反対の方へ曲げるように)気を付けていれば矯正効果も早まるかと思います。それ以外にも自分なりに工夫し、数ヵ月後、1年後に今より真っすぐな形状に近付いていることを想像しながら湾曲矯正に取り組んで頂きたいと思います。

Copyright(C) P-correct All Rights Reserved.